2006年04月29日

GW♪

ようちるは昨日から4連休わーい(嬉しい顔)5月に入ってからは2連休、と不規則ながらも結構まとまった休みにめぐまれましたるんるん
でも、特に予定って無いんだよねふらふら昨日は動物公園に行ってきました。今日は遊園地に行ってきます遊園地
うまいなぁ♪.jpe
僕はお留守番さっ
posted by ようちる at 10:01| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

一言??物申す

突然だが、恥ずかしいことにようちるは今泣いている。そして、怒っている。
結構思うことなのだが、サービス業、そうじゃなくても、最低限の丁寧な受け答えの対応ってしてほしいと思いませんか?
何故、泣いているのかと言うと・・。

実は20日の日にクーンのことを書いた後、仕事の都合もあり、22日にクーンの様子を見に行ったのだけど、いっこうにクーンの姿が見えなかったのだ。
もしかして!!と言う思いがずっと消えず、とても心配していたが、地方振興局は土日が休みで連絡の取りようが無かった・・。やっと今日、連絡をしてみたら、ようちるが見にいけなかった21日に保護して欲しいとの連絡があったらしく、すでに保護したというのだ。
教えてくれるかなと思いながら恐る恐る聞いてみると、とある施設へ保護されたとのこと。
保護された生き物のことは教えられませんと言われそうで怖かったが(ましてや保護して欲しいと言った人物ではなかったし、情報を乱用されると勘違いされるかも知れないと思い)、クーンが心配だったので、勇気を出
してその施設を調べて電話してみた。

すると、三回目(!)の電話でようやく通じたが、正直、電話対応が親切な人ではなかったのだ。

ようちるが、その施設へ電話をかけた理由や、現在の白鳥の状況をを聞いていいのか(上記の理由で)を訪ねているのに、何度も、「言ってる意味がわかりません」と言うのだ。その都度同じように説明しても、「言ってる意味がわかりません」・・。決してようちるは分かり図らい言い方はしていないつもりだったので、どうしてこの人はこんな無愛想な言い方しか出来ないんだろうと大変傷ついた。もしかしてやはり部外者には情報は漏らさないのかなとも考えた。
ようちるは、保護を依頼した人物でもないただの一般市民が今の状態を教えて欲しいなどとでしゃばった電話をかけたこと自体に恐縮していて、忙しいであろうところに急にこんな電話をすることに申し訳なく思いながらも、かなりの勇気を振り絞って、凄く謙遜した言葉使いで接していると言うのに・・。
何度言っても伝わらず、ぶっきらぼうな返事しかもらえなかったので、こちらもいいかげん頭にきた。ただ白鳥を心配しているだけなのに!
やり取りを繰り返すだけでは話を理解してもらえないような気がして、もう一度最初から話をしますといっても食って掛かるように色々と言って来るので、だんだん自分が責められているかのような感じになり・・、とうとう泣いてしまったのだ・・。

それでも、一言も、申し訳ありませんと言わない施設の人・・。あんまりだ・・。

さらに、「難聴気味でよく聞こえないのでこのようにさせてもらっている」と平然といってのけるのだ!そんなことは初めて会話する人には、自分から言ってもらわなければわからない話だ。しかも、ようちるは何度話してもどうして話が通じないのかと思い、「聞えてますか?」「このようにお話したのはわかりますよね?」と、何度となく会話の中で話していたが、その時一度たりとも難聴でわからないとは言わなかった!!しかも、相手が難聴だと話すので、それに関しては申し訳ありませんでしたと謝罪したのに(はっきりいってこちらから謝罪するのはおかしいと思ったが)こちらこそすいませんの一言も無し!
どちらかというと、問い合わせの電話を受けた立場なら、自分のほうから「当方は難聴でよく聞こえませんので、もう一度お話してください」とか、「申し訳ありませんが、おっしゃっている内容がよくわかりません、○○こういうことですか?」とか、もっと丁寧な言葉使いが出来るはずだ!電話口の人は確実にようちるより年上の感じの男性。ようちるが小娘だと思い、小ばかにして対応したのではないかとも感じさせる(そこまで人の気持ちを傷つけたのだ!)本当に対応がなっていなかった!仕事は動物の保護関係かもしれないが、やはり、公的な仕事に携わる人間として、最低限の言葉使いを、相手に関係なく行って欲しいものだ。
ようちるだって、サービス業のはしくれ、その辺には気を付けて仕事をしているから余計にそう思う。
どんな人に対しても、相手を尊重した話し方をして欲しい。いくらその人が仕事の面で優れた人であったとしても、人間としての評価はまた違うということを改めて感じて欲しい。
ようちるの職場にも患者様からの意見箱のようなものがあり、それに苦情等意見を書いてくる人、直接意見してくる人、様々いる。でも、その都度意見があったことは職場全体に伝えるようにしており、質のいい医療を提供できるよう、まずは皆が接遇と応対には気を配っている。
今日電話の対応をしてくれた人は、そのようなことを感じているのだろうか?
今日のやり取りで、ようちるは直接その人に、対応が良くないのではないかと話をした。果たしてその人はようちるの意見をどう受け取ったのだろうか?なんだこいつ!と思っただろうか?あぁ、自分も悪かったなぁと思っただろうか?
このブログで施設名を言うのは簡単だし、苦情を施設側に言うことも簡単だ。でも、今回はあえてしないことにした。会話の最後に、ようちるのほうから、「先ほどは失礼しました」と言ったのにも関わらずだ(それなのに最後の最後までこちらこそすいませんの一言もなしだった)
ようちるがこんなにもクーンのことを心配して、その施設に連絡する。それは生き物を大切に思うからだ(自然の摂理に従っておけとか人間のエゴとかいう方もなかにはいるだろうが・・)それは動物保護を仕事としているその人も同じだ、その人も動物を大切に思っているはずだ。同じ思いでいるはずなので、今回は苦情は出さないでおこうと思ったのだ。

その施設では、一般の人も見学が出来ると言う。
近いうち、クーンの様子を見に行ってみたいと思う。純粋にクーンを。でも、その時の対応によって、また直接意見せざるを得ないと感じた際は、今回のことも含めてちゃんと意見してきたいと思う。それはその人を責めるのではなく、動物を大切に思う人々の気持ちを素直に一つにしたいからだ。こんなつまらないことで不快な気持ちになることがないように・・。
posted by ようちる at 15:07| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

痛いことしちゃった

今日は休み〜るんるん掃除して洗濯〜ぴかぴか(新しい)と思い洗濯機のふたを閉めたら・・「ギィ〜ッexclamation×2
なんとしたことか、カズキチの指を挟めてしまったふらふら
でも全然へっちゃらそうなカズキチ。大丈夫なのかな?と思いながらしばらくしてカズキチを見ると、挟んだ指が少し腫れていてうっすら血が出ているがく〜(落胆した顔)触っても痛がって鳴いたりはしないが、何もしないでいると怪我したほうの足を止まり木から離して片方の足だけでで立っている。
あんよが腫れちゃった.jpe
爪に一番近いところが少し赤く腫れちゃったよぅバッド(下向き矢印)(足ですよ、コレ。しかしようちるの手が荒れまくりたらーっ(汗)

以前、オモチャにつながっていたチェーンに指が絡まって捻挫みたくなったことがあり、そのときは指の向きがおかしくなって腫れてしまい、触ると凄く痛がったどんっ(衝撃)そういうことを経験していたので、今回は経過観察でいいだろうと判断。あとは患部を不潔にしないようにすればよいだろうと思い、見守っていた。
夕方にはすっかり腫れも引いて、出血したところにちょっと名残がある程度におさまっていたぴかぴか(新しい)よかった〜グッド(上向き矢印)でも、ホントにゴメンね、カズキチふらふら
少しあんよ良くなったよ.jpe
わかるかなぁ?だいぶ良くなったよ〜わーい(嬉しい顔)(オチリ丸見えです・・あせあせ(飛び散る汗)

不慮の事故とはホントにわずかなタイミングのズレで生じてしまう。いつも注意を払っているつもりでもどんなことが起こるかわからない。一歩間違えば爪や指が一本無くなっていたかも知れない、そう思うととても怖かった。人間は完璧な生き物ではないし、いつかまたこんな不慮の事故を起こすことがあるかもしれない。出来るだけ回りに目を配り気をつけたいと、改めて思った。そして、何かが起こったときには、少しでも冷静な判断と行動が出来るようにならなきゃいけないなぁと感じた。


ところで話は変わって、残された白鳥、クーンの話。
クーンに会いに行くと、クーンの近くに二人、何やら話をしている人がいた。
ようちるは少し気にしながらも、クーンに餌を撒いてみた。
全く見ようとも食べようともしないクーン。近くにいたカモ達に横取りされてしまったバッド(下向き矢印)もしかしてクーン、目、見えてないとか言う??
ようちるはその場にしゃがみこみ、じーっとクーンを見ていた。すると、近くで話をしていたうちの一人の人も隣にしゃがみこみ、話し掛けてきた。
その方もクーンを心配して一日二回、様子を見に来ているらしい。ピーちゃん頑張ってexclamationと何度も声を掛けている。みんなそれぞれの呼び名があるくらい、クーンは大事に思われているんだなと思うと少しホッとした。
その方によると、どうやらクーンは地元新聞にも載ったようだ。その方も新聞を見てから毎日様子を見に来ているらしい。
その方の観察によると、クーンはパンをあげても食べず、水ばかり飲んでいるようだ。そして首を変にくねらせるように動かすことが多いと言う。確かに見ていると普段あまり白鳥がしないような変なくねらせ方を何度もしている。そしてその後水を飲む。
釣り針を誤って飲むことがある、と聞いた事があり、もしかしてexclamationと、その方と話していた。そう考えると、釣り針がのどの奥に刺さって、それを流し込もうと水を飲んでいるように見えてきた。餌を食べるとつっかえるので食べない、と考えることも出来る。遊歩道を通る人が、何だか前より弱って小さくなったねぇ、と話しているのが聞こえた。地方振興局の人の言うことをうのみにして安心しきっていたが、やっぱりいつも見てくれている近隣の方たちの細やかな観察に勝るものは無いような気がしてきた。後何日か、自分でも十分観察をしてやっぱり衰弱が進んでいるようなら、もう一度地方振興局に連絡してみたほうがいいかなぁ・・?
草むらのクーン.jpe
草の多い流れの緩やかな場所で静かに過ごすクーン。
posted by ようちる at 00:17| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

その後の白鳥達

以前、シベリアへ渡らずにいる白鳥のことを書いた。
あの日から三日後にクーンとポーのいる川原へ行ってみると、ク−ンしかいないexclamation&questionポーはどうしたんだろう・・。クーンは相変わらずかなり浅い川岸に立っていて黒い足が見える。そして昼なのに顔を羽の中に入れ、眠っている。
その後、何度か川原へ行ったがポーはもういない。クーンはいつも水に浮かばず、岸辺にいることが多い。
数日前、クーンがいないexclamation&questionと思ったら、場所を移していた。遊歩道から少し離れたやや背の高い草が生えている水ぎわにいたのだ。少し身を隠せる安心できる場所がよかったのかな?
以前よりは目を閉じたり顔を羽の中に入れていることが少なくなったように思った、少しは元気になったのかな?

でも、やっぱり心配だった。しかし、単なる一市民に何ができるんだろう、また、どこに助けを求めればよいのかもわからない。

いろいろ調べていったら、地方振興局で幼傷病野生鳥獣の保護に関する事業を行っているらしいぴかぴか(新しい)
そこでさっき、勇気を出して電話してみたphone to
すると、何軒か問い合わせがあったようでクーンのことを知っていた。
今までに数回様子を観察に行ってくれているとのこと。見たところ大きな怪我や衰弱もなく、水に入り向こう岸まで泳いだり、自分で餌も食べているので、今は様子観察中なのだそうだ。大きな障害も見えない今、保護すると、余計なストレスがかかる可能性もあり、今は見守っているらしい。
やはりクーンはまだ若鳥のようで、もしかしたらまだ飛び立てる状態まで成長発達していないのかもしれない、とも話していた。
もし今後、怪我や衰弱がひどくなって保護が必要と判断した場合は、獣医のいる施設で保護する可能性もあります、と親切に教えてくださったが、何とか、ク−ン、頑張ってexclamation×2
そしてポーだが、近所の住民からの情報ではどうやら先に旅立ったようだ、とのことだった。一羽でがんばって渡っているんだろう(一羽だけで飛んでいく方向迷わないの?)
何軒か問い合わせがあったこともあり、今後はクーンがどうなったか振興局のHPで情報を公開することも検討したいと話してくださった。まだ決まったことではないのでどうなるかわからないが、是非ともそうしていただきたいグッド(上向き矢印)

今日はようちるは夜勤病院今日も少し早く家を出てクーンを見てから仕事に行こうるんるん

posted by ようちる at 13:04| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

困ったヴィタ子

突然だがようちるはペーパードライバーだ。しかし、そろそろ車を運転できるようにならなきゃなと思い、昨年夏、中古のやっすい車を買った。名前はヴィタ子車(セダン)
ところがこのヴィタ子、とんでもない困ったさんであるもうやだ〜(悲しい顔)
購入して、早速隣に知り合いを乗せて練習ダッシュ(走り出すさま)運転席の窓を全開にして車庫入れをした後、ちゃんと入ったか確認しようと車を降りた。と、その時exclamationガコンむかっ(怒り)なんと、運転席の窓が窓枠から外れたのだ爆弾しかも排気系の異常ランプも付いている。即行、車屋に持って行き、再修理バッド(下向き矢印)
そして修理から戻ったその日にまた練習をしたら、また同じように窓が窓枠から外れたexclamation×2またもやその日のうちに再修理がく〜(落胆した顔)なんてこった・・。
やっと戻ってきたので練習!と思い、ペーパードライバー講習を申し込んだら、「今は夏休みで学生が多くて時間が取れないので、来月から来て下さい」と言われた。災難続きのうえにこの言葉が効いて、すっかりこれでやる気を無くし、面倒くさくなってしまったバッド(下向き矢印)
結局4〜5回しか乗らないうちに雪が・・雪スノータイヤに変えてもどうせ乗らないだろうと思い、そのまま冬越しへ。
乗らなくてもエンジンかけないとバッテリー上がるぞっと言われ、休みの日にはエンジンをかけていたが、とうとうある日、バッテリーが上がってしまったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
もういいやexclamationと半分やけになり、そのまんま冬越しさせ、春になったら友達にバッテリ−を分けてもらうことにし、また一から仕切りなおそうと思っていた。
でも、そこはヴィタ子車(セダン)半端な困ったさんではなかったパンチ
先週、雨の振る中、やっと友達にバッテリーを分けてもらった。しかし!電極のクリップみたいなのを外すと、エンジン止まっちゃったがく〜(落胆した顔)これには友達もビックリあせあせ(飛び散る汗)再度やり直してもらい、しばらくエンジンをかけっぱなしにして、更に近くまで走り、多分これで大丈夫だろう、といったん作業を止めてご飯を食べに出掛けた。そして帰ったきて再度エンジンをかけてみると・・exclamation&questionかかんないじゃんexclamation×2さすがヴィタ子。全然蓄電出来てないらしい。
そんなことでは怖くて乗れないので、バッテリーを交換するハメに・・。
それで今日、その友達と一緒に車やさんへ行ってきた(今日の話にたどり着くまでなげ〜っ)
しかし、どうして今日も雨なワケ〜むかっ(怒り)たたられてるのかexclamation&question
モチロン、バッテリーは上がったままなので、とりあえず車やさんに行くまでの分として友達からバッテリーを分けてもらい、ヒヤヒヤしながら運転たらーっ(汗)そして車やさん到着グッド(上向き矢印)
しか〜しexclamationそこで安心して気を抜いたのがまずかったバッド(下向き矢印)あとは交換してもらうからエンジン切っていいよね、なんて言ってエンジンを切りお店へ入ったはいいが、なんと、ヴィタ子にあうバッテリーの在庫がないというのだがく〜(落胆した顔)江刺店に在庫があり今日遅くじゃないと届かないとのことだったが、それだとこちらの都合が悪く、他の店をあたろうと車に戻ると・・。ヴィタ子はピクリとも動かなかったもうやだ〜(悲しい顔)ほんの10分も離れてないのに・・。こりゃもうダメだ、完全にいかれてるふらふら
お店に事情を話すと、店でヴィタ子を預かり、バッテリーを交換したあとにヴィタ子を返そうということになった。しかし、台車を借りても、ようちるは運転できないので、誰かに運転してもらわないとヴィタ子が戻ってこれないということが発覚し、しかも、ようちるの仕事の都合を考えると台車を一週間くらい借りないといけなくなり、でも、車やさんでは一週間は台車を貸せないということになり・・。何だか話が面倒くさいほうへ流れてしまった。
ということで、結局、バッテリーの在庫が届いたら車屋さんが家に来てくれて、バッテリーを交換してくれる、ということになったぴかぴか(新しい)しかし、とんでもなく迷惑な客だふらふらきっと普段ならこんなサービスしないんだろうなと思い、申し訳ない思いでお願いしてきた。そして最後の最後に今日家に帰るためのバッテリーを分けてもらった。「走行中に止まる可能性もあるので十分気を付けて」と言われ、本業の人にそう言われたら余計怖いじゃんと思いながら、本当にビクビクしながら帰ったたらーっ(汗)
バッテリーが届くのが明日あたり。ちょうどその頃は夜勤なので、夜勤明けの休みの日に来てもらおうと思う。一歩進もうとすると必ず何か障害が起きるヴィタ子だし、バッテリー交換作業もすんなりいくか心配だが、今度こそは、三度目の正直exclamation何とか頑張ってexclamation×2
posted by ようちる at 21:38| 岩手 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

初回にして見のがす・・

ようちるは今、夜勤を終えて、また今晩の夜勤に備えてそろそろ仮眠しようかな〜と思いながらいいともを見ていたTV
おおexclamation佐々木蔵之介ではないかグッド(上向き矢印)ようちる、結構好きなんだよね〜ぴかぴか(新しい)
ところでその佐々木蔵之介が出るらしい医龍というドラマ。話を聞いていたら、なにやら心臓血管外科の話らしいではないかexclamation×2それって、もろ、ようちるの現場じゃん爆弾CMでそのドラマが始まるのは目にしていて、面白そうだとは思っていたが、まさかそっち系だったとは・・。これは見たほうがいいかもなひらめき・・と思って調べたら、あがく〜(落胆した顔)昨日じゃん、初回たらーっ(汗)夜勤入りで仮眠したくてもなかなか寝れなくてベッドでモゾモゾしてた時間じゃんバッド(下向き矢印)どうせ寝れなかったんだから、起きて見ればよかった・・もうやだ〜(悲しい顔)(昨日はなかなか寝つけず、二時間しか仮眠しないで仕事行ったよもうやだ〜(悲しい顔))誰か録画した人いないすか〜あせあせ(飛び散る汗)

普段ようちるはあんまりTV見ないんだよね。見るとしたら動物関係&天気ぐらいたらーっ(汗)
ドラマは一番見ないジャンルで、特に恋愛モノが一番苦手・・たらーっ(汗)でも、電車男みたいな、他の真似してなくて割り切っておかしくてちょいマニアックっぽいのは好きだけどexclamation&question(実際に秋葉へ行っていろいろ体験&購入しちゃったし♪)
でも、濃いドラマはいいと思う。だから次回からは見てみようグッド(上向き矢印)

ようちると似た環境の職場、どうドラマ化されるんだろうグッド(上向き矢印)
ようちるの勝手な希望は、ヌルイ恋愛感情はいっさい無しexclamation×2それのみexclamation×2そうじゃなくても、え〜exclamation実際こんなことありえないexclamation×2ってことはよくあるし、やっぱ現実とはどうやってもかけ離れるもの。それをどれだけ、こっれてTVでやっていいの??って思わせるような内容にするかexclamation
まぁ、自分自身も勉強になるかもしれないし、見れるときは見ようと思いますわーい(嬉しい顔)
ようちる、いっつもこんな感じの現場にいるんだよ〜って伝えられるようなドラマだといいですなっパンチそして、現実の心臓血管外科は、医師不足が続いているようなので(それほどキツイふらふら)それでも頑張りたいというやる気のある若い医師が増えることを期待しますexclamation×2exclamation×2
posted by ようちる at 13:28| 岩手 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

体験講座

今日は仕事の後、スペイン語の体験講座に参加してきた目

ようちるには日系パラグアイ人の留学生のお友達がいる。彼女とは一年にも満たない付き合いだが、ようちるにとっては海外の人と接する事なんて今までほとんどなかったから、外国のお友達が出来たことは本当に嬉しいことだぴかぴか(新しい)でも、その彼女は一ヶ月ほど前に留学期間を終えて帰国飛行機あんなにたくさん飲んだり騒いだりしたのに、今は地球の裏側だiモード

でも、外国の文化はいろいろ聞く事が出来たが、いかんせん彼女は日系人。日本語ベラベラなのだexclamation
彼女がいなくなってから気付いた。せっかくあんなに一緒にいたのにスペイン語話せないじゃんがく〜(落胆した顔)

また、ようちるには夢がある。シロハラインコの原産地、アマゾンに行き、野生のシロハラインコを見ることだexclamation×2
そしてその夢を果たす際には彼女との再会も果たそうexclamationと約束して彼女とさよならをした。(ブラジルはポルトガル語だけど・・)

そんなこんなの理由があり、スペイン語を身につけたいと感じるようになっていた。

ある日、市内を流れる川辺にある雰囲気のいいカフェに一人入ると、一枚の張り紙。それが今日行ってきたスペイン語体験講座だ。講師はこれまた南米出身の方。彼女と一緒だったので親近感を覚えたグッド(上向き矢印)それにちょうどそのカフェの店主?も習っているというし、何だか気楽に楽しめそうな気がして申し込んだのだるんるん

実際行ってみると、すごく感じのよい人が講師で安心したわーい(嬉しい顔)ようちるは本当に超が付くくらいの初心者だったので、発音が難しくて他の人についていくのも精一杯だったし、意味のわからない言葉だらけでチンプンカンプンだったが、なんだか楽しく過ごせたグッド(上向き矢印)行ってよかったなぁと思える体験だった。
新しいことをはじめようとして実際に始動するときにはかなりの勇気がいるが、飛び込んでしまえば意外と楽しいものなんだと再認識exclamation
最近疲れ気味で睡眠時間も足りなくて蕁麻疹も出たり(ストレスが強い等で出るらしく、現在内服中)していたが、今日は新鮮な気分になれた揺れるハート
これから今日の講師のもとで習うかどうかは、もう少し吟味したいところもあるので今の段階ではまだ不明だが、せっかくだから、新しいこと、はじめてみようと思ったぴかぴか(新しい)
posted by ようちる at 22:45| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

最後にやられた

今日は久しぶりの早番三日月といってもいつもより30分早いだけなんだけどたらーっ(汗)
でも今日は仕事の後に係りの集まりがあって、結局、帰宅したのが19時チョット前家結構疲れちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)ごめんね〜、カズキチ、遅くなってあせあせ(飛び散る汗)

カズキチが我が家に来たちょうど二周年のお祝いに、マヌブロック(正式名称だっけ?)というミネラルブロックみたいなものをケージに入れてあげたプレゼントその前はケイティーのミネラルブロックを入れていたが、味の好みが合わなかったのかほとんど齧ることはなかった。そしてマヌブロックも20日ほど同じように放置されっぱなしだった。
exclamation×2おととい外出先から帰宅するとマヌブロックはその形をほぼ半分にしていたexclamationそして昨日の帰宅後には更に半分、そして今日帰宅してみるとすっかりその形をなくしているがく〜(落胆した顔)
美味しくて食べた(噛み砕いた)のか、オモチャとして齧って遊んだのかは不明・・。でも、三日で全部無くされては次に入れても同じことになるだろうし、コストの面も考えると、また入れていいものか悩まざるを得ないたらーっ(汗)
ま、でも悪いことをしたわけではないし、それはちょっと考えることにしよう。どうせ通販じゃないと買えないから、今すぐには買ってあげられないし。
というのもようちるは餌を含めたグッズ類は全て通販か実際東京などに行ったときに買ってくる。でもお店に行けるのは年に2回くらい。ほとんどが通販だ。もちろん信頼するお店のねグッド(上向き矢印)でも、通販って○¥以上じゃないと送料無料にならないとかいうのがあって(ケチですかねふらふら)そう頻繁にチョコチョコとは買えない。一軒のお店で全てを揃えられればいいのだけど、いろいろ見るとそうもいかなくて、今は5軒のショップにお世話になっている。多分鳥さん好きなら皆が知っていそうなお店だるんるん
ま、そんなわけで、マヌブロックはしばしオアズケバッド(下向き矢印)のカズキチ。そんなカズキチだが、何を思ったか、夜、ハンモックに入ると思いきやexclamation意味不明なことをやって自分じゃどうにも出来なくなっていたたらーっ(汗)
筒がはさまったよ〜.jpg
トイレットペーパーの芯がスッポリ入っちゃったよぉダッシュ(走り出すさま)
ようちる助けて・・.jpg
たすけてぇ〜
posted by ようちる at 22:15| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

初めてのクチバシカット

今日は、きちんとした鳥さん好きの方からは批判されちゃうかもしれない話・・。

ようちるの家は朝晩はまだまだ寒く、ストーブで部屋を暖めてからでないとカズキチを温室の外に出すのが怖い。
ようちるが日勤の日は、ようちるが早起きしているので、カズキチはまだ眠いのか、お休みカバーを外すまで物音も立てずにハンモックの中にいるので、部屋をある程度暖めてから外に出すことが出来る。
ところが寝坊常習犯のようちるは、夜勤や休日に早起きが出来ないたらーっ(汗)寝坊してストーブをつけると、何らかの音に反応してお休みカバーの掛かった温室の中から鳴き声をあげてしまう。そうなると温室の外に出るまで鳴き続けてしまうので仕方なく外へ・・。まだ部屋の中は寒いので、その時点で一番暖かいところに連れて行かざるを得なくなる。そう、布団の中だあせあせ(飛び散る汗)
うで枕でカキカキ.jpg
初めは布団の中が苦手だったカズキチも、今ではすっかり布団の中でカキカキされるのが大好きみたいるんるん普段はあまりカキカキさせないのに、この時ばかりはようちるのうで枕に顔を乗せてうっとりして羽を膨らませる。時には奥へ奥へと入り込んで探検?したりようちるの体にピッタリくっついたりしている。うんちがしたいときは布団から出て行くので、ようちるがゴミ箱の上でうんちをさせている。
昨日の朝もそうやってまったりしながら部屋が暖まるのを待っていたかわいいカズキチが布団から出たとき、ちょうどカズキチのクチバシが気になった。少し長いですねと動物病院の先生に言われたことがあって気になってはいたが、う〜ん、ホントに長いかもたらーっ(汗)クチバシのさきっちょで噛まれると、ホント、痛いしもうやだ〜(悲しい顔)
本来鳥さんはいろんなものを齧っているうちにクチバシがもげ、長くなり過ぎないようになっているようだ。飼い鳥には自然木の止まり木や齧って遊ぶオモチャを与えるといいとされている。カズキチにもそれらを与えているが、やっぱり長いような気がした。
鳥さんのクチバシは人間の指先の役割も果たす繊細な場所なわけだし、クチバシを切るという行為に恐怖を覚えて鳥さんと人間の関係に悪影響が及ぶ可能性もあり、人間が切るのはやめたほうがよいという意見もあり、今まではようちるもそう考えていた。
けど、伸びすぎたクチバシではいくら自然にもげてもちょうど良いくらいの長さになるには時間がかかるし、伸びたクチバシの先のほうまで血管が伸びてきたらよけい面倒なことになる。それだったら少しお手伝いをするのはいいのかなと思ったわけだひらめき
タオルに包んで保定し、人間用の爪きりでほんの少しづつ切る。キッと鳴くが、嫌がっている感じもない。シロハラインコはクチバシが白いので、なんとなくうっすらと血管の走行が見える。それよりかなり手前、1〜2mmぐらいを切って終了、あっという間に終わってしまったわーい(嬉しい顔)
しばらくカズキチの様子を見ていたが、いつもと何の変わりもなく遊んでいるので、どうやら大丈夫だったらしいグッド(上向き矢印)
とうとうクチバシカットデビューしちゃったねexclamation
長いでしょ!?.jpg
カット前。
少しはいいか?.jpe
カット後。あんまり違いわかんないけど・・。
posted by ようちる at 22:46| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

クーンとポー

二日ほどちゃんと記事を書いていたのに、更新しようとクリックしても何故か記事がブログ載らないexclamation&questionあの記事たちはどこへ行ってしまったんだろうバッド(下向き矢印)
仕方ないのでまたこの間書こうとしたことを書こう。

ようちるは休日など時間のあるときは近くの川沿いの道を散歩する。そしてそこには冬になると白鳥達がやって来る。ようちるは白鳥達と遊ぶのが大好きだ。
4〜5日前だろうか。久しぶりに川沿いを通ると、二羽の白鳥がまだシベリアへ渡らずにそこにたたずんでいた。一羽は羽がまだ所々グレーがかっており若鳥といった感じ、もう一羽は成鳥のようだ。クーンとポー.jpe
思わず近くに行くと、すぐに一羽の白鳥の異変に気付いた。
若鳥なのだが、じっと目を閉じ、あまり動こうとしない。
渡る体力がないようだ。羽を怪我したのだろうか?それとも何か病気をしているのだろうか?
もう一羽の成鳥は見た感じは元気そうだ。もしかしたらこの若鳥の親鳥なのではないか?若鳥に寄り添うように隣にいる。ク−ン、大丈夫?
何とかしてあげたいと思ったが、ようちるには何の術も無い。ただ見守ることしかできないのだ。
ようちるは若鳥にク−ン、成鳥にポーと勝手に名づけた。
その川原の向こう岸ではいつも子供たちが草野球ごっこをして遊んでいる。彼らがいるすぐ傍は遊歩道になっていて、犬の散歩や通勤などの姿がみえる。人間はうるさいと思うこともあるだろうが、彼らは孤独ではない。ようちるも時々行って様子を見てこようと思う。
posted by ようちる at 13:52| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

4月1日

朝に仕事から帰り、ひとしきりカズキチと遊び、夜勤の疲れを取るために仮眠。いつもなら17〜18時あたりまで寝ているのだが、何故か今日は16時過ぎに目が覚める。しかし日が長くなって柔らかい日差しだな〜。なんて思ってまったり気分で携帯を見ると着信アリ。
音楽関係の仕事のためヨーロッパに行っているようちるの大切な人からのメールだ。その人とはもう10年もの長い付き合いだ。そんな彼からのメールはとんでもないメールだった。
なんと日本を離れてヨーロッパ(ロンドンかマドリッド)に住むと言うのだ!
こんなに天気もよくてカズキチと平和な時間を過ごしいい気分の一日を一転させる出来事だ。もうちょっと寝ようかなと思ったけどそれどころではなくなった。
彼はヨーロッパでのオファーが多いので仕方ないとは思ったが、なんで一言も相談無いのよ!ようちるはどうすればいいの!とかなり途方に暮れた。相手の心理状況など、瞬時にいろんなこと考えて最終的に絶望にした。
そして約5分後、またメールが届く。

今日は4月1日だからね/<′_′>/

・・・。
なんだそりゃぁ〜!!
と思った瞬間声をあげて泣いた。
そうか、今日はエイプリルフールだったのか。
彼はようちるが泣くとは思っていなかったらしく反省していたが、今回はともかくそんな日がいつかやってくるかもしれないと怖くなった。
あたりまえの生活。自分なりの習慣・きまりのある中なぁなぁとなる部分もある。でも、世の中には思いもよらぬ事態が突然やってくる。そんな中この海外からのエイプリルフールにはかなりヒヤッとさせられた。
今年から英会話・スペイン語を始めようかと思っていたが、これはホントにちゃんとやらないといけないような気がした。
posted by ようちる at 21:52| 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。